読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揺れる海藻と猫耳ヘッドホン

日常とかデュエマとか小説とかオカルトとか色々

すぺるフレンズ

毎度お久しぶりです。不定期投稿が普通となって、一番新しい記事からもう半年以上経ってしまいました。(ここテン)

世はデュエマ新時代。ルールが変わったりカードの枠が変わったり新弾が出たりでドッタンバッタン大騒ぎですね。アラフェネ好き。

 

そんなけものフレンズ放送開始からおおよそ3ヶ月前

DMR-22世界は0だ!!ブラックアウト!!が発売

誰もが悪いことを考えたであろうこのカードが世に出回ってしまった。

 

 

 

f:id:eruseus:20170325140546j:image

 

うーんマーベラス

とりあえず私は破壊したら強いカードを探してみることにした。

 

 

 

f:id:eruseus:20170325141017j:image

 

なるほどね

 

f:id:eruseus:20170325141145j:image

 

 

 

手札にスーパースペルグレートブルー(以下SSGB) が1枚でもあればあとはモエルが適当にこれを引っ張ってきてスイッチオンしたら3回捲れるじゃないか...

 

じゃあ強いの捲ればいいか(思考停止)

 

以下リストになります

 

クローシスモエルブルー』

×1禁断~封印されしX~/伝説の禁断ドキンダムX

×3蒼の潮流スーパースペルグレートブルー

×3アクアスペルブルー

×3鬼の襲撃モエル

×3インビンシブルフォートレス

×3インビンシブルアビス

×3オールデリート

×3デビルリンクタブー

×1ホーガンブラスター

×3ドンドン吸い込むナウ

×3フューチャーカプセル

×4リロードチャージャー

×3シークレットクロックタワー

×4Dの機関オールフォーワン

 

解説

 

・禁断~封印されしX~/伝説の禁断ドキンダムX

オールデリートを採用するに当たって自然と入っていった1枚。デリートと合わせることによってこれ1枚でデリート以外の10コスト以上のカードの役目をほとんど担えて、そのままダイレクトまでいけるけれど、デリートがメインじゃないのはコンセプトがコンセプトだからね。しょうがないね。

 

・蒼の潮流スーパースペルグレートブルー

核1。オールフォーワン(5)→モエル(6)→SSGB(8)と綺麗なカーブで出せて且つ青のハンター持ち8コスというこのデッキのコンセプトの為に生まれてきた様なカード。

単純に出た時と攻撃時に1枚捲れるのが目立つが、「山札の上から1枚目」とシャッフルせずに捲ることができるので2体並んだ時のcip1回目と2回目、攻撃時ならクロックタワーとカプセルのシナジーもいい。

 

・アクアスペルブルー

SSGBの4~6枚目。青の7コスハンター持ちなので、こちらもオールフォーワンとモエルから出す事ができる。SSGBと違う点は山をシャッフルしてから捲るのでクロックタワーとカプセルを撃ってからからこっちのcipを処理してしまうと、せっかく山に固めたカードがまた山の大海に消えてしまうので注意。

地味にトリガーも持っててこのデッキの少ない受け札(受け札になるとは言っていない)になったりもする。

 

・鬼の襲撃モエル

 核2。破壊時、山からSSGBかアクアスペルブルーを山から踏み倒す。オールフォーワンを設置できていない時に場にいても自壊したり、相手の受け札が破壊するカードなら気にせず盾に殴りに行けたり、地味に小回りの効くカード。

吸い込むとのシナジーが凄くいい。

 

・インビンシブルフォートレス

捲ったら強いカードその一。雑に盾3枚焼却。

モエルの貴重な赤マナなので初動でハンドに来ても完全に腐ることはない。

 

・インビンシブルアビス

捲ったら強いカードその二。相手盤面全除去。

リロチャの黒マナなので初動で来ても完全に腐ることはない。サザン流行ってた時は強かった。(間に合うとは言っていない)

 

・オールデリート

捲ったら強いカードその三。マナ以外山に返して禁断ひっくり返してダイレクトまで行ける現代のビマナでよく見るアレ。

相手も禁断を採用してると撃ち辛くなるのでアビスと差別化しています。

 

・デビルリンクタブー

捲ったら強いカードその四。次ターン相手は呪文と召喚を封じるインスタントVANナイン大王。相手ターンだけなので自分のターンに捲っても相手の受け札は封じれないので注意。

 

・ホーガンブラスター

デュエマしましょうよデュエマ。オールフォーワンだけ出ません。悲しいねバナージ。

 

・ドンドン吸い込むナウ

万能札。受け札にもなるしモエルを掘り出して4→5→6と綺麗に繋げられるので採用。

 

・フューチャーカプセル

5枚見て嬉しくなるカードではなく、モエルブルーで1枚目か2枚目で捲った時に後を腐らせないようにできるため採用。4コストで使っても次ターンからの動きを固定できるのが強み。

 

・リロードチャージャー

ハンドの質を高められて且つ3→5→6と最速の動きを目指す為の4投。色マナの達成が難しい。

 

・シークレットクロックタワー

万能2コス初動。何故ブレインストームではないかと言うとトップ固定がメインという訳ではなく、山に残しておきたいカード(捲ったら強いカード)が多いため。ほぼほぼカプセルと役割は同じ。

 

・オールフォーワン

核3。元凶。手札に余るSSGBとスペルブルーを出せる。打点としてはあまり強みのないアクアスペルブルーを殴らせてから終了時に入れ替えられる。

 

 

 

モエルブルーのコンボ自体はシドやシャッフに囚われないので地味に決まりやすいです。

ハンドの質を高めてモエルブルーへ繋げるのでハンデスには敵いません。あと速いデッキ。

トップ解決はある程度マナが溜まっていないと頼りないカードが多いので期待はできません。

新弾の踏み倒しメタがキツすぎる...

 

 

 

久しぶりに記事書きました。下書きには色々貯まってるんですけど更新を続けるのは難しいですね。

多分近いうちに身内のAOくんとこのデッキで遊ぶ動画でも撮ってYouTubeに投稿しようかな~なんて。

 

定期投稿してみたいですね...

ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェインシャブ厨

毎度お久しぶりです。いきなりですが僕がこんなにもドップリとデュエマルマスターズに触れてからもうすぐ1年が経つんです。(カード自体に触れてからは今年で10年目)

去年の夏に初めて店舗で大会に出るようになって、2015年はその1回と以前記事にしたモアイ杯の2回。2016年になってから6月までに店舗には4回、CSは仙台CS(個人)と東北おやつCSで2回参加しました。

 そんな馴れ初めの去年の夏からずっと握っているのがチェインミスキューなのですが2016年8月19日のレギュレーション更新にてフェアリーギフトの殿堂により何でも4コストで出せるギフトミスキューというシャブがついに取り締められました。捲るのが気持ちよすぎて更なるシャブを求めるにつれて迷走構築になったりしたんですが、とりあえず落ち着いた構築に戻ったと確信した瞬間でしたね。そんなデッキですが思い出と一緒に今までのリストをここに残したいと思います。以下はそのリストになります。

 

2015年9月ver

f:id:eruseus:20160822214213p:plain

モアイ杯で握ったレシピですね。多分1番回ってた頃のレシピで個人的には割とドラグハリケーンで2体目のチェインレックスなんかを呼ぶのは楽しかったりしました。後に紹介するレシピと違いバベルギヌスが無いのでハンデスには手も足も出ませんでした。(後の構築でもハンデスには勝てませんでした)この頃は特に黒単にボコボコにされてましたね。考えればトリプレックスが中々強かった。

 2016年3月ver

f:id:eruseus:20160822214156p:plain

迷走してた時のレシピですね。もっと酷い時はミガワリマグナムとか採用したりしてアブシュームを併用したらマナが増えまくって龍回避しても毎ターン龍解できるのでは?とか考えてて笑っちゃいますよ。多分1番回らないレシピですね。弱い。ただただ弱い。ジャスミン1積みヴェノム2積みなんてどう考えても回る訳が無い...更にはデッドマンアブシュームなんてしたらヴェノムが出てもcipとATが使えないことに気付かない盲目っぷり。既にシャブは全身に渡り正常な判断ができない状態にありました。

2016年8月ver

f:id:eruseus:20160822214138p:plain

また約半年かけてこれをしっかりとキマる形にしたもの。1番最初のレシピより捲るのが楽しいものになったと思っています。ヴェノム攻撃時でバベギを捲ってキャンセルのムーブがたまらなく気持ちよかったですね。やっと自分で納得できる形にできたので悔いはありませんね。

 

そんなこんなで長ったらしく書いてきました。今回のレギュレーション更新で一年間握ってきた大好きなデッキが大きく弱体してしまったのは悲しいです。ギフトの解除がいつになるのか、はたまたギフトに並ぶカードが現れるのかはわかりませんが今後もチェインミスキューを練っていきたいですね。さよならフェアリーギフト。

 

南三陸モアイ杯

昨日はデュエルマスターズ非公認大会の南三陸モアイ杯に参加させていただきました。

BRTという慣れない交通手段に翻弄させられながらも、なんとか志津川の会場まで辿り着くことができました。

会場には既に子供達が沢山でワクワクしながら受付までの時間を友達と駄弁りながら待っていて、まあ自分も一緒にワクワクしてましたね。初の店舗大会を合わせてまだ二回目だったもので(笑)

会場内は木造でエアコン等の設備が充実していて、なかなか快適な場所でした。しかも参加者をチラッと見れば大会に出るようになってから日が浅い僕でも耳にしたことがある実力者達がゾロゾロいてもうビックリでした。

 

そんなこんなで本大会が始まり、後の後悔を無視して環境デッキでもなんでもないチェインミスキューを握って挑みました。

スイスドロー形式の5試合で成績は二勝三敗。初のデュエ祭りより手ごたえは得れたものの、経験、プレイング、カードやルールの知識の差を痛感しました。

それでも県内の強者や初見の方にスタッフ、それからモアイ杯自体が物凄く楽しかったんです。どうやら自分だけの思い込みでもなく、会場で知り合った方々のtwitterなんかを覗いてみると参加者のほとんどが満足していた様に見えました。

 

そんな感じで僕の第一回南三陸モアイ杯は幕を閉じました。来年の三月に第二回があるらしいのでまた参加させていただきたいと思っています。

改めて

お久しゅうございます。記事は高校生になってから経験できることの幅が広くなり自分の過去を一新するといった形で過去の記事を全て削除させていただきました。

動画投稿も人気が無いのをいいことにサボリ続け三カ月に一回ペースで日々モチベに悩まされながらも一応は考えてたりして失踪はしてないです。(後に失踪した)

 

さて前述した通り高校生になったことで少し時間に余裕ができたりお金が入りやすくなったりで色んな活動ができるようになってきたことでメインとしていた動画投稿もすっかりできなくなってしまいました。(時間に余裕ができたとは一体なんだったのか)

活動と言いますと以前からの動画投稿なり、EYMAN(イマン)っていう音楽サークルを立ち上げたり、デュエルマスターズの大会イベントに参加したりで、充実した毎日を送ってたりしてます。

 

あとこれから物書き投稿サイトなんかで活動しようとも考えていたりも・・・

やりたいこと滅茶苦茶ありすぎてお金が足りてないんです。(お金がry)

全然まとまって無いんですけど、そんなこんなで改めて色々活動していきますんで今後ともよろしくお願いします。